学校では教えてくれない!歴史の話(戦国時代編)

大河ドラマで注目の斎藤道三と息子義龍の新事実その1

更新日:

本木雅弘演じる斎藤道三ってどんな人

あんまり詳しくありませんが、旦那が歴史好きなので、インタビューしてきました。

「美濃のマムシ」といわれる斎藤道三は元は坊主上がりの油売りだったそうです。権謀術数のかぎりを尽くして成り上がり、美濃一国を収めるじょうしゅになったとか。

小栗旬主演の信長コンチェルでは西田敏行さんが演じており、現代人でしたね。

現代で言えば相当な出世街道まっしぐら、敵を作りそうなタイプですかね。

謀略の限りを尽くして「国を盗んだ」と言われていますが、実はもう一つ盗んでいたらしいです。厳密に言うと結果的に通説の道三が盗んだものが国のほかに二つもあったというのです。

そのうちの一つが「創業者の肩書き」を盗んでいたということらしいです。

驚かれる方も多いかもしれませんが、これまで道三一代の事績として語られてきた「国盗り物語伝説」の半分は、実は彼の父新左衛門尉という人物が成し遂げたことだというのです。道三にそんな父がいたことも初耳だと思う方もいるかもしれませんが、そのはずらしいです。

この父親がクローズアップされてきたのが、近年のことでこの件に関して触れられている書物が一般の人がほとんど手を出さないような専門書にかかれているからだそうです。

それではその新左衛門尉とはどういう方だったのでしょうか。

創業者の名に恥じない実績

斎藤道三の生涯を伝える軍記物語はいくつもありますが、中でも特に詳しく書かれているのが、「美濃国主旧記」です。そして、これまでの通説は、ほぼこの書物の記述通りに語られてきました。

つまり京都妙覚寺の僧だった男が還俗して油売りの商人となり、その後、美濃に行って侍になり、出世を繰り返して、最終的には美濃の国主(守護)の土岐頼芸の国外に追放して、ついに大名になったというのが、彼の生涯であります。

実はそれには少し違うニュアンスがあるようなのです。

昭和39年(1964年)から始まった『岐阜県史・資料編』の調査過程で通説を覆す古文書が発見されたようなのです。

これは美濃の隣国、近江の南半分を支配する大名、六角承禎が書いた手紙で近亜文献が見つかったそうなのです。

斎藤義龍の祖父、新左衛門尉という者は、京都の妙覚寺の法華坊主が還俗した者で西村といった。この西村は美濃の長井与二郎のところへ出仕して、美濃の動乱の時に目ざましい働きをして、次第に頭角を表し長井という名字を与えられるほど出世した。

その後、義龍の父道三は、長井家の惣領を撃ち殺して長井惣領家も領地などをすべて奪いさらに斎藤を名乗るようになったのだ。

とのことなのです。

つまり道三一人の事績として語られてきた「国盗り」事業は父子二代でたっせいしたものだったのです。

-学校では教えてくれない!歴史の話(戦国時代編)
-, , ,

Copyright© あきちゃんの歴史LABO , 2021 All Rights Reserved.