学校では教えてくれない!歴史の話(戦国時代編)

3分で解る!斎藤道三と斎藤家の歴史

投稿日:

大河で再注目。野望多き下克上の申し子斎藤道三

油売りの商人だったという噂もある謎多き人物。謀略で主人の土岐頼芸追放し、美濃を乗っ取りました。その所業や知恵者の面から「美濃の蝮」と恐れられる。
有名大名となり、娘・濃姫と織田信秀の息子信長を結婚させて織田家と同盟。すきを見て信長を殺し、尾張を乗っ取るための政略結婚を画策しました。しかし信長の器量の大きさに謀略を考え直し、信長を通じて乱世をにらむことになる。

油売りの商人だったという噂もある謎多き人物。謀略で主人の土岐頼芸追放し、美濃を乗っ取りました。

その所業や知恵者の面から「美濃の蝮」と恐れられる。

有名大名となり、娘・濃姫と織田信秀の息子信長を結婚させて織田家と同盟。

すきを見て信長を殺し、尾張を乗っ取るための政略結婚を画策しました。

しかし信長の器量の大きさに謀略を考え直し、信長を通じて乱世をにらむことになる。

斎藤家の歴史

初代当主の道三は一国一城の主になることを夢見て美濃の守護・土岐家に仕官し、美濃の有力者を失脚させたり、謀略したりして一気に大名へ上り詰める。

ここで斎藤家が歴史の表舞台に登場しました。

しかし息子義龍の陰謀により当主が入れ替わり先代道三とは正反対の方針で戦乱を生き抜く斎藤家の前に信長が立ちはだかりました。

大活躍の美濃三人衆

成り上がりの道三が美濃の主君になれたのも土地の有力豪族だった、安藤守就や稲葉一鉄の貢献が大きかったといわれています。さらに氏家ト全を加えた美濃三人衆が優勝で知られる斎藤家の家臣団の中心でありました。

のちの美濃を支配することになる甥の信長のためにもよく働きました。

特に姉川の戦いでは浅井軍への突撃など目ざましい働きをしました。

他にも名参謀竹中半兵衛、明智光秀も美濃出身の人材でありました。

斎藤家家臣

・安藤守就 ピックアップ
【城を奪って君主を批判】
道三亡き後、無能とされている三代目当主・義龍に思いを知らせるため、甥の竹中半兵衛と組んで、稲葉山城を奪取。一度は城を返すものの、信長と内通して寝返りました。その後信長のもとで、一鉄、ト全らとともに活躍しました。
・稲葉一鉄 ピックアップ
【文武両道の美濃の雄】
武力と知力を兼ね備えた勇猛な武将です。道三のもとでは織田信秀との合戦などで活躍するも、のちの信長の傘下に入りました。
姉川の戦いでは、浅井軍の側面をついて劣勢を覆し、信長の危機を救いました。
・稲葉貞通
・氏家ト全
・氏家行広
・遠藤慶隆
・小牧源太
・斎藤龍興
・斎藤義龍
・日根野弘就

-学校では教えてくれない!歴史の話(戦国時代編)
-, ,

Copyright© あきちゃんの歴史LABO , 2021 All Rights Reserved.