不妊治療・出産・子育て お役立ち情報

一人につき42万がもらえる出産育児一時金

更新日:

出産をしたら何かと大変ですよね?

それまで夫婦共働きで何とかやりくりしていても、出産したらそうはいきません。

とても幸せなことなのに、ストレスや不安になりますよね?

一児につき42万円双子なら2倍に

赤ちゃんの手

健康保険、国民保険等に加入している女性が妊娠すると、各保険組合から一児につき原則として42万円が支給されます。

普通分娩の場合、出産にかかる費用は平均すると45万から50万かかるといわれています。

なので出産の経費の大部分を賄うことができるのです。

おなかの赤ちゃんが85日(妊娠4か月)以上になると、一時金の給付が認められます。

残念ながら流産、死産で生まれることができなかった赤ちゃんに対しても、

申請すればお金をもらうことができます。

ちなみに一時金は赤ちゃん一人当たりの金額

双子なら42万円×2と倍額になります。

ただし、22週未満での早産や産科医療保障制度に加入していない医療機関で出産したときは40.4万円になります。

なお、一時金の申請は出産後に年間有効です。

出産をしてまだ申請していないならば、是非申請してください!

受け取り方法は3種類

  • 出産後、お金を請求する
  • 直接支払制度
  • 受け取り代理制度

これを利用すれば、出産前に不安やストレスがある中で、まとまった現金を用意しなくてもOKです。

これから出産を控えてる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

旦那さんがみていたら奥様に教えてあげてくださいね。

(^^♪

-不妊治療・出産・子育て, お役立ち情報
-, , , ,

Copyright© あきちゃんの歴史LABO , 2021 All Rights Reserved.