不妊治療・出産・子育て

不妊症にお悩みですか?加齢と妊娠のリスクとは?

更新日:

40代、ときには50代のタレントの妊娠が話題になる一方で、「卵子の老化」に関する報道も増えています。

実際のところ、卵子の老化は妊娠にどのような影響があるのでしょうか?女性は何歳まで妊娠できるものなのでしょうか?

卵子はあなたと一緒に歳を取る

女性が将来赤ちゃんを産むための準備は、お母さんの子宮の中で始まります。

卵を入れておくための「原子卵胞」は、妊娠5か月~6か月に700万個まで増加します。

その後原子卵胞は減少し、生まれる頃には200万個にまで減っています。

その頃、卵胞の中には「卵祖細胞」という卵子のもととなる細胞があります。
その卵祖細胞はあなたがお母さんのの子宮の中にいる間に一生分作られ、生まれた後に増えることはありません。
卵祖細胞は、生まれる前に成長し、「卵母細胞」となり、卵巣の中で長い眠りにつくことになります。

あなたが年齢を重ねるにつれ、原子卵胞も一つ一つ年齢を重ねていきます。
生まれてから、初経を迎えるまで、卵細胞は卵巣の中で眠り続けて目覚めることはありません。
しかしその間も原子卵胞は自然になくなっているのです。
前半に説明した通り、生まれたとこはやく200万個あった原子卵胞は月経が始まる思春期の頃には、やく20~30万個ほどが残るだけになってしまします。
卵細胞はあなたと一緒に年齢を重ね、そしてあなたの身体でおこるような老化現象もおこります。

卵細胞の老化現象として、妊娠する力が下がることが挙げられます。ホルモンバランスがよく、子宮や卵巣の問題が少なく、心身、卵巣機能、卵細胞が元気な期間、それが妊娠に適した時期です。
その時期は女性にとって25~35歳前後です。
35歳前後から、だんだんと妊娠する力が下がり始め、40歳を過ぎると、妊娠はかなり難しくなります。これは卵細胞が古くなることが原因です。
卵細胞は生まれてから深い眠りについており、年齢が高くなれば眠りについている期間が長くなります。
この細胞自体が老化し、染色体や、遺伝子に異常が起こりやすくなります。
その結果として受精しにくくなったり、受精が起こっても染色体異常が発生しやすくなったりします。
妊娠が成立したとしても、流産率が高くなります。
40歳では20~30%、45歳では30~50%の女性で流産がおこります。

月経があるからといって、いつまでも妊娠できるわけではない

45歳前後になると、月経が規則的にあっても排卵がないこともあります。
卵巣に残っている原子卵胞の数が、1000個以下になると閉経になります。
完全に月経が止まると、以降は妊娠は不可能ですが、実際には閉経の10年も前から、ほとんど妊娠できなくなています。
なので、体外受精などの高度な生殖技術によっても、妊娠率は10%以下なのです。

月経が10歳から50歳まであり、毎月排卵があったとすると、一生涯で480個前後の卵が排卵されることになります。
これは初経の頃に存在する卵子数の1%以下です。
残りの99%以上は卵巣内で変性し、消滅してしまっているのです。

月経のたびに、複数の卵子がその月経周期に排卵するために呼び出されています。
通常はこの呼び出された卵子の中から1個が選択され、排卵することになります。
各月経周期に呼び出される卵子の数は、若い時ほど多く高齢になると少なくなくなります。
その中から1個の卵子が選択され、排卵に至るため、呼び出される卵子の数が少ない状況は、卵子の質の相対的な低下につながるのです。

そういったわけで、「卵子は老化する」こと、「妊娠適齢期は35歳ころまで」というのは厳然たる事実です。
もちろん産婦人科医は高齢でも無事に妊娠・出産できるよう、日々全力を尽くしています。

しかし、これから出産を考える方にはし、この事実を知っておいていただきたいと思ってかかせていただきました。

そして男女ともにライフプランを考えるのが大切です。

多様な生き方(ライフプラン)と結婚・妊娠・出産

をこちらにまとめております。是非ご覧ください。



-不妊治療・出産・子育て
-, , , , , ,

Copyright© あきちゃんの歴史LABO , 2021 All Rights Reserved.