不妊治療・出産・子育て

もしかしたら不妊かもしれない...不妊とは?

更新日:


不妊って、どんな状態をいうの?

生殖可能な年齢にある男女が避妊することなく性交渉を行っていても妊振しない場合、その状態がある年数続けば、それを不妊といいます。

妊娠しない期間が何年続けば不妊というのかについては、3年とする
場合もあれば、1年とすることもあり、定まっていません。

2年間妊娠しない場合に不妊と考えるのが、
現在では一般的です。

しかし、2年経っていなくても、その男女の年齢を考慮して、不妊の原因がないか検査したり、治療をすることもあり、どの段階で不妊診療を開始するかは、ケースバイケースです。

不妊に対して診療を開始した場合は、不妊症と呼ばれます。また、なんらかの理由で性交渉そのものが行なえないような状態も不妊症とみなして診療の対象となります。

不妊の原因はどんなもの?

不妊の状態には、一度も妊娠したことのない「原発性不妊」と、少なくとも一度妊娠したことのある「続完性不妊」があります。

また、不妊の原因が男女のどちらにあるかにより、「女性不妊」と「男性不妊」
に分けられます。

多くの場合、診療の開始が女性であるため、女性側の原因が強調されがちですが、男性物に願のある例も同程度にみられます。不妊の原因が男女の両者にある場合もあります。

診療は必ず夫婦ともに受けましょう。

ほかに、原因のはっきりしない原因不明不妊と呼ばれる状態も少なくありません。

妊娠成立は、女性の卵巣から排卵された卵子と男性側から射出された精子との結合(受精)、それに続く
受精卵の子宮内膜への着床の過程です。

過度の彼労や精神的ストレスは、女性に対しては排卵障害や着床障害を、男性に対しては精子の数や運動率の低下を引きおこします。

また、疲労やストレスは健全な性交渉も妨げることとなります。疲労やストレスは日頃から避けることが大切です。

男女ともに加齢の影響を受ける

女性の年齢とともに卵子の数が減少し、また、卵子の質が低下することが知られています。


年齢の上昇とともに子宮内膜症や子宮筋腫などが発生し、、子宮周囲の環境も妊娠しにくい状態になることがあります。

男性においても、年齢の影響は精子の数や運動性の低下として表れます。

現在の日本では、不妊夫婦の比率は10〜15%とされ、徐々に増加してきています。

この原因は、主として男女ともに結婚年齢が上昇していることによるとされています。

妊娠に向けての取り組みは、早いうちから始めたほうがいいです

金銭的に厳しくなったり、頑張っても成果が出なかったり、苦しいこともあるかもしれませんが、ひとりで悩まず旦那様にと協力してもらって、仲良く楽しく不妊治療を行えたら最強です。

子どもの教育方針や、名前、行かせたい学校など考える時間が他の人より時間ができるし、何かを乗り越えた経験が、子供や周りの人たちの何かしらの力になれるはずです。

笑顔で明るく不妊治療を行いましょう。

ちなみに私たち夫婦は病院に行ったときは、病院の周りの食べ歩きを行っております。

病院の近くのかつサンドばかウマです。

観光も楽しい二つの病院を紹介します。

赤心堂病院/川越

社会医療法人社団尚篤会 赤心堂病院 | 〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町25-19 | TEL 049-242-1181(代)

 JR・東武東上線川越駅 |

川越駅西口を出てロータリーに向かって右手に進み、五叉路の交差点を越えるとまもなく右側に見えます。
徒歩約5分

 西武新宿線本川越駅 |

本川越駅を出て右手(南東方向)に進み、ガードをくぐり道なりに左に曲がるとまもなく左手に見えてきます。
徒歩約10分

 西武バス「赤心堂病院(旧脇田本町東)」停留所 |徒歩0分(病院の前)

かしわざき産婦人科/大宮

案内図
 日・祝
9:00~12:00
16:00~18:30
医院名かしわざき産婦人科
初診受付時間 (初診はご予約なしでおいでください)
午後17:30まで
(木曜日・土曜日は午前11:30まで)
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
住所〒330-0855
埼玉県さいたま市大宮区上小町604-4

-不妊治療・出産・子育て
-, , , , ,

Copyright© あきちゃんの歴史LABO , 2021 All Rights Reserved.