届け出だけでお金がもらえる! お役立ち情報

ゴミゴミした都会にサヨナラ!本気で農業にチャレンジするなら「青年就農給付金」

更新日:

給付までの流れ

募集している自治体に連絡した後、農水省ホームページや自治体、育成センターから書類を入手。計画書を作成して、送付する

意欲が認められ、就農がスタートすると給付される

定期的に報告書を提出することで、継続的に給付金がもらえる
※準備型の場合

必要な書類等

  • 研修計画書
  • 誓約書
  • 保証人のサイン、印鑑
  • 研修先農家の承諾書

もらえる人

  • 就農時点で45歳未満の人
  • 真剣に農業に取り組める人
  • 指定の研修期間で1年以上研修を受けた人
    など

届け先

  • 就農者募集している市町村役場
  • 各地域の育成センター

青年就農給付金の種類

■準備型(研修期間中)

自治体によって子供の数の数に応じて高額支援金が

農業の知識や技術を覚えるために、国または自治体指定の研修施設や先輩の農家で研修を行います。その時準備金や生活費の補助として、年間150万円が支給されます。災害や事故など、特別な特別な理由を除き、途中で挫折すると給付金の一部、または全額を返金することになる場合があります。

■経営開始型

農業経営を始める人に経営が落ち着く最長5年間、年間最大150万円を補助

新天地で農業経営をしたいという人のために、経営が不安定になりやすい開始1年目は、最大150万円がもらえます。(2年目以降は前年の所得により変動)
該当の自治体にすでに自分の農地を持っていることが条件で、審査には経営計画書が必要です。
また、準備型の人が独立する場合、引き続き補助を受けることができます。

最長7年間で年間150万円、トータル1000万円もらえる

やる気次第でローリスクで農業への道が開ける

ゴミゴミした都会の生活に疲れ、自然の中で農業を始めたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本気で考えているのなら青年就農給付金制度を利用してみてはいかがでしょうか。
農業の後継者不足を解消するため、国と自治体が始めた制度です。
イチから農業を始めるなら、準備型を使い、研修先でしっかりとしたノウハウを学ぶことができます。その後は農家や農業施設に就職してもいいし、独立しても構いません。
すでにノウハウと土地があるのなら経営開始型でスタート。
どちらの場合も年間最大で150万円の補助金がもらえます。(経営開始型は前年の所得により補助金が変動します)
研修期間にお金をためて先輩の農家から土地を譲り受け経営に乗り出すのもOKです。

最長、最大で合計1050万円も補助してもらえます。
補助金の対象者を募集している自治体は農林水産省もホームページをチェックしてください。

==========================================

保険見直しでお金の悩みも解決できる!相談無料【保険のトータルプロフェッショナル】
保険の見直しで年間21万円の節約に成功! その方法は? 保険の見直しで640万円の削減に成功! その方法は? 毎月の保険料が半額に!

==========================================


セルフ内見型賃貸サイト【OHEYAGO】
~~ お部屋はスマホで借りられる ~~

  ◎入居までスピーディ
  ◎好きな時間に内見
  ◎Webで入居申し込み
  ◎おとり物件なし!
  ◎マイペースに内見
  ◎仲介料は0円~家賃の0.5ヶ月分!

自分の好きな時間に
セルフ内見&Webで入居申し込みができる、
新しい形の不動産賃貸サイトです。

-届け出だけでお金がもらえる!, お役立ち情報
-,

Copyright© あきちゃんの歴史LABO , 2021 All Rights Reserved.