学校では教えてくれない歴史の話 学校では教えてくれない!歴史の話(戦国時代編)

前田慶次(まえだけいじ)利益【花の慶次】実在した天下御免の傾奇者の生き方と最後とは?

更新日:

前田慶次(まえだけいじ)いたずら好きなお茶目な一面前田利家を騙して水風呂に!

前田慶次

隆慶一郎の小説と、これを原作としたコミック(花の慶次)で一躍有名になった前田慶次は、フィクションの世界に描かれるように、戦国時代きっての傾奇者であった。

花の慶次 ... 『花の慶次 -雲のかなたに-』(はなのけいじ くものかなたに)は、原哲夫による日本の漫画。隆慶一郎作の歴史小説『一夢庵風流記』を原作としている。 戦国の世 ...巻数: 全18巻全10巻(文庫)掲載誌: 週刊少年ジャンプ発表号: 1990年13号 - 1993年33号ジャンル: 少年漫画、歴史漫画

花の慶次 - Wikipedia

江戸時代に書かれた逸話集『常山紀談』によると、

黒皮胴の具足をつけ、猩々緋の陣羽織、金泥の数珠の総に金瓢箪をつけたものを襟に掛け、十二のひだがついた山伏頭巾を被って戦の場に臨んだという。

慶次の代表的なエピソードといえば、やはり前田家を出奔したときの一件が有名でかねてより慶次の素行は叔父の前田利家にとって目に余るものがあり、たびたびお叱りを受けていようです。

これをわずらわしく思った慶次は、

「これからは心を入れ替えて、真面目に生きるつもりでございます」

と神妙な顔で言うと、茶を一服もてなしたいと利家を自宅に招き入れた。

無論、心を入れ替えるなどとは口からでまかせで、慶次は利家を騙して氷のような水風呂に入れてしまう。

利家は激怒して供の者に慶次を連れてくるよう命ずるが、その頃にはもう、慶次は愛馬・松風と共に走り去ってしまったという。

痛快ではあるが、大の男がやることでもない。

とはいえ、このようにユーモアのあるな行動ばかりが目立つ慶次だが、やはりフィクションに描かれる通り、

「武芸百般に秀でる一方、茶華や詩歌に長じ、古今典籍にも通じた文武両道の将」

という評価も、実際の前田慶次を正しく反映したものだったらしい。

【漫画】前田慶次の生涯を簡単解説!【日本史マンガ動画】

前田慶次(まえだけいじ)風流人となった京都での日々

前田慶次の本名は利益と申す。

慶次郎、慶二郎、啓次郎など多数の通称を持つが、本人自筆は啓二郎、慶次、利貞のみが伝わっている。

先にも紹介したように、豊臣秀吉政権下の五大老筆頭・前田利家の甥にあたるが、義理の叔父甥である。

生涯には不明な点が多く、生年にはさまざまな説があるが、1533年説と1541年が有力である。

それでも十年近い開きがある。

『加賀藩史料』によると、織田信長(おだのぶなが)の武将・滝川一益(たきがわかずます)の子とされるが、これも諸説あって判然としない。

母が利家の長兄で、尾張国荒子城主の利久と再婚すると、子のなかった利久の養子となり、前田の一族に連なり。妻は利家の次兄・前田安勝の娘との間に嫡男・正虎のほか三女をもうけもうした。

1567年、病弱で実子のなかった利久が、信長の命により隠居させられた。

代わりに利久の実弟・利家が尾張荒子四千石を継ぐ。

これを受けて慶次は、利久と共に荒子城を去った。

以降、父子の足跡は途絶えがちになるが、慶次は養父と流浪の日々を送り、やがて身を落ち着けた京都で貴賎墨客と交わったという。

和漢古今の書に親しんだとされる。

この時期、彼の風流人としての基礎が形作られたのだろう。

当時の連歌界の第一人者であった里村紹巴に連歌を学び、武将で千利休七哲の古田織部に茶道の皆伝を受けたのもこの頃だといわれています。

あきちゃん
あきちゃん

前田慶次(まえだけいじ) 上杉景勝・直江兼続主従との出会い

1581年、慶次は能登国一国を領する大名となった利家のもとに身を寄せる。

利久に二千石、慶次には五千石が与えられた。

このとき利久が得た知行は、慶次の嫡男・正虎が利久の没後に利家に仕え、そのまま受け継ぐことになる。

1584年の小牧長久手の戦い、1590年の小田原の役と、慶次は利家が参陣した戦場につき従うが、やがて利家と仲違いして前田家を出奔する。

上記エピソードの件がこの水風呂の一件がそれである。

このとき、慶次の妻子は随行せずに前田家に残った。

出奔した慶次は再び京都に住まい、剃髪して「穀蔵院飄戸斎」と称して、浪人生活を送りながら多くの文人たちと交流した。

この頃、秀吉が伏見城に諸将を招いて宴(うたげ)を開いたことがあった。

これに紛れ込んだ慶次は、猿面に手拭いで頬被りをした姿で現れる。

そして扇を振りつつ、身振り手振りをつけて面白おかしく踊りながら一座の前へ躍り出ると、居並ぶ大名たちの膝の上に次々と腰掛け、主人の顔色をうかがったという。

ところが、

越後の上杉景勝の膝にだけは乗ることはできなかった。

景勝の威風に侵すべからざる何かを見てとったからで、このとき慶次は、天下に自らの主と頼む者があるとしたら、景勝のほかにはないと感じ入った。

景勝の知遇を得た慶次は、やがて上杉家の執政・直江兼続(なおえかねつぐ)と出会い、

一生の友というべき仲となる。

直江兼続

兼続は風流とはおよそ縁のない実直な性格であったが、先代・謙信以来の上杉の義、を誰よりも体現した彼に、慶次としても、どこか惹かれるものがあったのだろう

前田慶次(まえだけいじ) 会津時代でも相変わらずのエピソード

前田慶次の豪快なエピソード5選!人々が望む傾奇者慶次はフィクションだった!?

豊臣政権の五大老に任命された景勝は、東北諸大名の牽制のため、秀吉の命で越後から会津百二十万石に加増移封された。

1598年のことである。

このとき慶次は上杉家に仕官、兼続の与力となった。

禄高にはまったく興味ござらぬ

まことに慶次らしい。

以下は、その会津時代の逸話である。

ある日のこと。林泉寺という寺の和尚が傲慢で、殴りつけてやりたいという者があった。

それを聞いた慶次はいたずら心を起こし、林泉寺を訪ねて和尚に碁の勝負を挑む。

そこで勝者が敗者の頭を軽く叩くルールを提案した慶次は、一局目を和尚に勝たせて頭を叩かせる。

遠慮しつつ和尚が慶次の頭をそっと叩き、二局目が始まった。

勝ったのはもちろん慶次である。彼はわざととまどうふりを見せるが、和尚が気になさらずと言うので、

「それでは」

と和尚の顏に鉄拳をお見舞いした。和尚は鼻血を出して昏倒したという。

前田慶次(まえだけいじ) 長谷堂城の撤退戦と米沢での隠棲生活

2600年、徳川家康(とくがわいえやす)率いる会津上杉討伐軍が、隣接する最上義光の領内に集結。

そこに石田三成(いしだみつなり)挙兵の報が入り、家康軍はすかさず反転西上した。

さらに、奥羽諸将が自領を守るために引き上げると、上杉景勝は直江兼続に二万余の軍勢を預け、最上領内に攻め込んだ。

慶長出羽合戦である。上杉軍本隊は畑谷城を攻略、続いて最上方の要衝・長谷堂城を攻撃する。

この戦では慶次も武功を挙げるが、城方の守りは固く、なかなか落とすことができなかった。

そうこうするうち、関ヶ原の戦いで西軍が敗退したとの報がもたらされる。

関ヶ原の結果を知った兼続は、その場で自害しようとするが、これを止めたのが慶次だった。

我に返った兼続は長谷堂城の包囲を解いて、米沢城への撤退を開始するが、最上軍と、これに同盟する伊達政宗(だてまさむね)片倉小十郎(かたくらこじゅうろう)軍の追撃は熾烈を極めた。

後々まで語り草となったこの撤退戦でも、慶次の活躍は際立っていたという。

負け戦こそ戦の花ではないか

と、花の慶次では言ってましたね。

関ヶ原の敗戦後、上杉氏は米沢三十万石へ減封になった。

慶次はこれにも迷わず従っている。米沢では近郊の堂森に隠棲した。

慶次が当時、庵を結んだ堂森の湧水辺りは、現在「慶次清水」と呼ばれている。

その後は兼続と共に『史記』に注釈を入れたり、和歌や連歌を詠むなど自適の生活を送ったと伝えられる。

米沢側の資料では1612年に堂森で没したとされるが、『加賀藩史料」によると、大和国で1605年に病没したとされる。

-学校では教えてくれない歴史の話, 学校では教えてくれない!歴史の話(戦国時代編)
-, , , , ,

Copyright© あきちゃんの歴史LABO , 2021 All Rights Reserved.